村山クリニック 外観
医療法人ルカ会 村山クリニック

〒351-0035
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-7-7
048-471-1636(代)

内科/循環器内科/糖尿病内科/整形外科

東武東上線・地下鉄有楽町線
「志木駅」東口下車、徒歩5分

東武東上線・地下鉄有楽町線
「朝霞台駅」
JR武蔵野線
「北朝霞駅」北口下車、徒歩12分

詳細はアクセスをご覧ください。

整形外科の予定

村山クリニック 診療情報

■ お知らせ

〈新型コロナウイルスワクチン接種について〉

 「全額公費による接種:患者様の負担なし」は、3月31日で終了しました。

■帯状疱疹ワクチン接種 費用補助のご案内

 ・開始日・・・令和6年4月1日(月)

 ・対象者・・・接種日時点で朝霞地区4市(朝霞市・志木市・新座市・和光市)に住民登録のある50歳以上の方

 ・助成金額・回数(費用の助成は生涯一度限りで2種類のワクチンから選択できます)

  生ワクチン 1回 4000 円      

  不活化ワクチン 2回  1回につき 4000円  

■令和6年4月1日以降の診療体制について

 1.職員は引き続き「マスク着用」で対応いたします。

 2.風邪症状(発熱・咳等)の方は「マスク着用」の上、受付に「風邪症状で来院」の旨伝えてください。

 3.患者さまの「マスク着用」は任意としますが、感染予防の観点から「マスク着用」を推奨します。


■令和6年度の「がん検診」は5月1日より実施予定です。

■令和6年度の「人間ドック」は7月1日より実施予定です。

■令和6年度の「特定健診」は7月1日より実施予定です。

■整形外科 診察予定(4月・5月)を更新しました。
 ●4月の佐藤医師 診察日
    次回は27日(土)になります。
 ●5月の佐藤医師 診察日
    11日(土)のみになります。 

■本院における院内感染防止対策の取組

 本院では、患者様やご家族、本院の職員、来院者などに対し、感染症の危険から守るため、感染防止対策等に積極的に取り組んでおります。
 感染防止のため、患者様等におかれましては、ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。
◆院内感染◆
1.院内感染対策に係る体制
  本院では、院長を「院内感染管理者」と定め、「感染防止対策部門」を設置し、診療所全体で感染対策に取り組んでいます。
2.院内感染対策の業務内容
  本院では、全ての職員が遵守する「感染防止対策業務指針」及び「手順書」を定め、標準予防策や感染経路別予防策等に基づき、職員の手洗いや消毒、状況に応じた感染予防を実施するため、防護服等の着脱など有事の際の訓練を実施しています。
  また、1週間に1回程度、定期的に院内を巡回し、院内感染事例の把握を行うとともに、院内感染防止対策の実施状況等を確認しています。
3.職員教育
  全職員に対し年2回院内研修を実施し、感染防止に対する知識の向上を図っています。
4.抗菌薬の適正使用
  抗菌薬を投与することにより患者状態の改善を図ることができても、薬剤耐性菌が発生したり抗菌薬の副作用が生じたりすることがあります。このため、本院では適切な抗菌薬を選択し、適切な量、適切な期間、適切な投与ルートでの投与により抗菌薬の適正使用を実施しています。
5.感染対策連携
  本院では「外来感染対策向上加算」を算定しており、地域の「朝霞地区医師会」(又は「埼玉病院」)との感染対策連携を取っています。

■がん検診・特定健診・人間ドック・健康診断の受診

  • 当院で受診できます
  • 受診期間が決まっている場合があります。
    加入保険に期間を確認してから受診ください。
  • 各加入健康保険から、受診したい「受診券(証)」をいただいてから、ご来院ください

村山クリニック ごあいさつ

 当院は昭和2年、祖父である村山三十五郎が文京区大塚で開設した「村山病院」を起源としています。

 第二次世界大戦の空襲で消失し、当時から来院されていた当地域の多くの方々のご支援により、昭和23年に現在地に新たに「村山病院」を開設いたしました。

 長年、産婦人科・内科・外科・小児科・整形外科・皮膚科の診療を行ってまいりましたが、医療事情の変化に伴い、平成18年4月より内科・外科・整形外科の診療所として医療法人ルカ会「村山クリニック」に改編いたしました。

  病院の診断機能(心臓超音波診断装置、生化学・血液・血糖自動分析装置)を保ちつつ、さらに、電子化の時代に即した設備・システムを整え、80年余年の伝統と皆様との信頼関係を踏まえて、長年お世話になっている地域の皆様に今まで以上にきめ細かい医療を提供したいと考えております。

医療法人ルカ会 村山クリニック
院長 村山正昭