ご来院予定の方へ

初診の方へ

都合により、受付時間を早めに終了することがありますので、
受付終了時間の30分前までにはご来院ください。(お早めにお越しください)

ご持参いただくもの

  • 健康保険証またはマイナ保険証(必須)
  • お薬手帳
  • 紹介状
  • 健康診断の結果(1年以内のもの)
【画像】マイナンバーカードと健康保険証

マイナンバーカードの保険証利用について

マイナンバーカードを保険証利用される方は登録ができていない場合がありますので、健康保険証を一緒にお持ちください。

感染症予防のため5類移行後も引き続きマスクを着用してご来院ください。

受診の流れ

01.ご予約

WEB予約システムのご案内

当院はWEB予約システムを導入いたしました。
診察等のご予約をWEB予約システムから行うことが出来ます。

下記QRコードよりご利用下さい。

予約サイトQRコード

【ログイン方法】

  • お手元に診察券をご準備いただき、診察券番号を入力してください。
  • パスワードは、誕生月日4桁となっております。
    (例)8月1日生まれの患者様 ⇒ 0801

03.受付・問診票を記入

持ち物
健康保険証及びマイナ保険証(必須)・お薬手帳・紹介状・各受給証など

04.診察・検査

必要であれば検査を行います。

05.お会計

長期処方・リフィル処方箋について

当院では患者様の状態に応じ、「28日以上の長期の処方を行うこと」、「リフィル処方箋を発行すること」のいずれの対応も可能です。なお、長期処方やリフィル処方箋の交付が対応可能かは病状に応じて担当医が判断いたします。

「個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書」の発行について

医療の透明化や患者様への情報提供を推進する観点から、領収書を発行する際に、個別の診療報酬の算定項目が分かる明細書を発行しております。

平成28年4月1日より、公費負担医療で自己負担のない方についても希望される方には、明細書を発行いたします。

院内感染防止対策の取り組み

患者様やご家族、職員、来院者などに対し、感染症の危険から守るため、感染防止対策等に積極的に取り組んでおります。

感染防止のため、患者様等におかれましては、ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

院内感染

  1. 院内感染対策に係る体制
    院長を「院内感染管理者」と定め、「感染防止対策部門」を設置し、診療所全体で感染対策に取り組んでいます。
  2. 院内感染対策の業務内容
    全ての職員が遵守する「感染防止対策業務指針」及び「手順書」を定め、標準予防策や感染経路別予防策等に基づき、職員の手洗いや消毒、状況に応じた感染予防を実施するため、防護服等の着脱など有事の際の訓練を実施しています。
    また、1週間に1回程度、定期的に院内を巡回し、院内感染事例の把握を行うとともに、院内感染防止対策の実施状況等を確認しています。
  3. 職員教育
    全職員に対し年2回院内研修を実施し、感染防止に対する知識の向上を図っています。
  4. 抗菌薬の適正使用
    抗菌薬を投与することにより患者状態の改善を図ることができても、薬剤耐性菌が発生したり抗菌薬の副作用が生じたりすることがあります。このため、本院では適切な抗菌薬を選択し、適切な量、適切な期間、適切な投与ルートでの投与により抗菌薬の適正使用を実施しています。
  5. 感染対策連携
    「外来感染対策向上加算」を算定しており、地域の「朝霞地区医師会」(又は「埼玉病院」)との感染対策連携を取っています。